スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週のうらたん情報…今年最後のうらたん情報更新です 

The Simpsons 問題は個人的にはワースト・ニュース第1位

私のHP〝ウラ漁師の小部屋〟では神奈川県相模原市津久井町にある うらたんざわ渓流釣場 から頂いたデータを毎週木曜日深夜~金曜日早朝にかけて更新・公開しています。

さて秋口までうらたん管理人@井上さんは去年と引き続き冬になると決まって更新用データの送付が遅れます。
その理由は趣味のハンティングに出かけるから…ハンティングに出かけるとなるとそれなりの装備は必要になるし弾丸の購入やら銃の手入れやら猟犬の体調管理やらと準備にやたら時間が取られるものです。だから遅れる、と言われても職業猟師ならまだしも趣味の話なんです。言ってみれば「今ゲームしてるからあとで」とキレるガキと同じなんです。
人間はパンのみに生きるにあらず、とは異教徒の教えですが、個人的には仕事に追われて趣味に手が出せないというなら「そんな仕事、やめちまえ」と趣味を奨励しているのですが、集客をボランティアで協力しているというのにデータ送信が遅れても「たいした事ないだろ」と悪びれる素振りすら見せない…という事で今後〝金曜6:00までにデータが送られなかったら思いっ切り後回し〟とします。そりゃそうでしょ、遊びにかまけて遅れているのをまって方丈工房の作業が延滞したら迷惑するのは最終的にはお客様。申し訳ありませんが私のお客さんを最優先にさせて頂きます。
というわけで今年最後の更新は土曜の午後という完全に中途半端な時間帯に…もっとも週明け31日に更新を予定していたのですが本日偶然空き時間ができたもので。写真はここ数ヶ月代わり映えのしない同じポイント・同じアングル・同じ早朝の写真という明らかに「趣味にかまけて手を抜いている」写真なので雪でも積もらない限り更新はしません。一体誰のためのHP更新だと思っているのやら…

ですので更新が思いっ切り滞っていたら『あ、また趣味にかまけて本職蔑ろにしてやがるな』と判断してください。尚更新データが届かないとにっちもさっちも行かないので延滞のクレームは直接うらたん管理人@井上さんにお願いします。毎週末行かないまでもデーターをチェックする人は「時間ができたら絶対に行く人」であって、接客業・サービス業を営むものなら大事にするのが基本だと思うのですが、どうでしょう?

という事で2007年最後の更新は「シンプソン問題」のようにスッゲー気持ちワリイものになってしまいました。

[PR] 格安航空券なら割チケ.JP




写真をクリックするとラム善・楽天市場店 にジャンプします

趣味を持っている人のほうが明らかに人間としての深みがあってよろしい。ブラック企業のダメ社員のように〝できる人間〟とは〝文句ひとつ言わず使い捨てで働けるイエスマン〟である事と勘違いしている人間と比べたらはるかに人間としての徳が高い。しかし趣味にかまけて更新ひとつ「どうでもいいや」と後回しにするのは集客・接客という時点で既に失格です。「勝手な言い訳つけた所で、一番迷惑するのはお客さんなんだぜ」…特にうらたん情報は大阪や名古屋や茨城や福島あたりからチェックしに来る人も多いのだからそのアタリの自覚を持って欲しいものです。

まるで対極にあったのが2007年イチオシの青森県十和田市の〝ラム善〟さんです(去年は Yokohama Field & Supply)。
今年はアフィリエイトの関係でいろんなものを取り寄せたのですが、もっともレスポンスが良く上質で接客態度も良いお店がラム善さんだったのです…決め手は熊肉でした。
以前熊肉を取り寄せて「…なんて美味いんだ!」と久々に感動。齢40にもなって食い物で感動するなんて早々ありませんよ。もちろん美味い肉を売るにはそれなりの目利きと捌く腕が要求されますが、正直腕の悪い職人同様腕の良い職人は結構いるものです。決め手になったのは問い合わせた際のレスポンスの良さで、事実秋田のマタギ衆から熊肉を取り寄せようかと思ったのですが〝念の為〟問い合わせを入れたところ「今(白神マタギの)シカリに問い合わせているのですが、猟に出ていて捕まらない」とすぐに返事が届き、翌日「本日良い熊肉が入りました!」と…もちろんメールの向こうの話なので既に在庫があってUPしようかどうしようか、と考えていたのかもしれませんし本当に偶然商品が入ったかもしれません。が、そんなの関係ねえby小島よしおでして購入者にしてみれば「欲しいものが希望通り手に入る」事のほうが重要なんです。

それだけレスポンスの良さが重要、というわけです。

そんなわけで今年は贅沢にも既に3回目の熊肉購入、となったのです。
熊肉レシピは既にこのブログ(URL)で紹介しましたが、紹介する際品切れ状態だったのと〝マジで美味い〟のでひた隠しに隠していました。が、〝こんな美味いもの独り占めにするのは犯罪だろう〟〝入荷もしたので紹介するに足る体力がある〟〝既にしばらく食えるだけの肉を確保した〟という事でここで紹介してしまいます。獣臭が全くない真っ赤な肉なので肉が苦手な人にもお勧めです。
実際ウチの実母が肉・特に脂身がダメでして…若い頃亡父がクルマのトランクに丸1日置き忘れたのに「大丈夫だろ」と黙って渡した高級牛肉を食って当たって以来(親父、バカだな)見るだけで拒絶反応を起こして肉が食えなくなったそうな。しかし高齢化に伴い大量に食わせる必要はないけれど少量を定期的に取ったほうが身体のためにはよろしいので何かうまい手はないかなぁ…と探して鹿・馬・熊という肉に絞り込んでそれぞれ食わせてみたのですが以外にも「熊が一番美味い」との答えが。そこで熊肉に絞り込んで各所から取り寄せて〝ラム善〟さんに決定したというわけです。
ラム善さんからは本職のラム肉を定期的に取り寄せているのですが、何度も言う通り肉の味は〝素材そのもの+猟師(屠殺師)の血抜きの腕+精肉店の目利きと捌く腕〟で決まるので精肉店選びは幸せになれるかなれないかの重要なポイントになります。青森県十和田市は主に馬肉を中心とした肉製品の盛んな地域なのでその中でもこれだけの精肉技術があるということは絶対に外しのない店なんですね。それに加えてお客への対応が迅速とくれば…ウラ漁師2007年勝手にベスト・ショップ総合第1位になって当然なのです。
連絡が入って早速600g購入しましたが、なんと12月23日入荷分は1日で売り切れてしまったそうで…でも30日にマタギ衆が張り切って狩りに行って1頭獲ったそうです。年明けには販売するそうなので要チェックです。

というわけで2007年を締め括るうらたん情報はしょっぱいものになってしまいましたが、せめて熊肉を食ってオイシイ気分に浸ってください。この熊肉を食ったら吉兆の神戸牛なんか絶対に食えませんよ(熊肉喰わなくても食えませんが)。

ウラ漁師が The Shimpsons キャラになるとこうなります

それでは皆さん、良いお年を♪





 
スポンサーサイト

抜糸も終えて、復活近し… 

やってしまった翌日(5/25)の患部…モザイクで分かり辛いですが、バッチリ糸で縫われています

2週間ぶりの更新です。
さて販売用ロッドの作成に着手したばかりのウラ漁師はドクター・ストップが掛かってこの2週間繭のようにおとなしくしていたわけですが、なにせ利き手の人差し指が使えないということで漆は塗れない・木を削る事はできない・キャストするにも固定していなければならないからフォルス・キャストもできない、スピニングリールもベイトリールも扱えない・第一患部を水に塗らしてはならないから釣りそのものができない・ブログを更新するにも爪がないからキーボードも叩けない、と二重三重どころか五重六重苦を強いられてしまったわけです。それでも神風特攻隊で散っていったパイロットよろしく国を信じて裏切られた社会保険庁の年金記録不明問題の被害者の皆さんに比べれば〝屁〟のようなもので、痛みがないだけまだましとじっと耐えていたわけです。

お見舞いメールを送ってくださった皆さん、ご丁寧にありがとうございます。お陰様でようやくブログのタイピングができるまでに回復しております。本日かさぶたの半分が除去されて復活のメドが立ってまいりました。その際には改めてメールを差し上げたいと思っております。

と言うわけでもうしばらくおとなしくしていなければならないウラ漁師です。それにしても最盛期に釣りに行けないとは…

[PR] ホテルリステル猪苗代

患部はドクターが引くほどの重傷でも他はまるで健康体なだけに持て余していたのですが IWATA RODさん から薦められた本を購入しまして…実は私、口承伝達のほうが文章伝達より得意で元来本はあまり読まない、一番読んだのが英文学科に所属していた大学の4年間で本を買うこと自体ン年ぶりときた。つまり文字に頼る弥生文化より聞いた話を頭の中に叩き込む縄文文化のほうが性に合っている、ほとほと縄文人の血が濃い事を実感するわけですが、病院の待合室で時間を潰すには箸にも棒にもつかないワイドショーの垂れ流し情報を眺めるよりよっぽど有益なので買ったのですが…


写真をクリックすると Yahoo!Shopping セブン アンド ワイ にジャンプします

つり人社 バンブーメーカーズ ですがこれがまた…対訳本でありがちな書かれた単語を丸ごと訳して日本語の表現とかけ離れた表記がやたら鼻につく。これは対訳本のお約束のようなもので読む側としてみれば『あり得ない日本語を訳さなければならない』とてもしんどいもので、例えば〝もしあなたがジム・ペインのロッドを振った事があるなら、ブラッドフォード・ロッドにも彼の影響が潜んでいる事に気づくかもしれない〟…うん、ニュアンスは伝わるけどこんな訳を教授に見せたら
「キミ普段こんな言い回ししているの?普段こんな言葉を喋ってるの?友達や親と喋る時こんな文章構成しているの?キミ何人?どこの国からきたの?…」
と殺したくなるほどネチネチ言われるのがオチで、到底受け入れられない高校生レベルの対訳と判断されてしまう。これで金取るなんて詐欺としか言いようがない。そこで頭の中で〝ジム・ペインのロッドを振った事のある人なら、ブラッドフォード・ロッドにペインの影響を感じ取る事ができるかもしれない〟とニュアンスを維持しつつ日本語らしい言い回しに翻訳する、と。大学生の頃しこたまやった事ですが、これがまた面倒なんです。対訳者の皆さん、英語が話せても日本語が話せなければ宝の持ち腐れです。
この不可思議な日本語を克服すれば原本がまあまあなのでまあまあ、ですね。いくつか新作のヒントも得られましたし、ロッド・ビルディングをする人なら持っていて毒にはなりませんね。

というわけで本日埋もれて抜く事ができなかった抜糸も終わり、早ければあと1週間でドクターのGoサインが出そうなので復活間近です。願わくばドクターがビバリー・クラッシャーのような人だったら良かったのだが…いずれにしても治ったらロッド製作も再開し釣りにも行って…今からワクワクしております。こんな感覚、小学校の遠足以来です♪





 

2006年最後の今週のうらたん情報 更新完了しました 

先日の大雨のおかげで魚の活性は↑

私のHP〝ウラ漁師の小部屋〟では神奈川県相模原市津久井町にある うらたんざわ渓流釣場 から頂いたデータを毎週木曜日深夜~金曜日早朝にかけて更新・公開しています。

昨日更新予定だった〝今週のうらたん情報〟大幅に更新が遅れました事をここにお詫び申し上げます。

本日19:00〝今週のうらたん情報〟更新終了しました。話によるとうらたん管理人さんはこの時期解禁になる鹿狩りに出かけてしまうので週によっては更新が遅れる事があるそうです。
猟は単独で行うと事故が伴う危険性がグンと増す、だから猟の仲間が同行する、同行する仲間にもスケジュールがある、スケジュールによっては更新日と重なってしまう、と。素性の良い釣り師が水を恐れず侮らないように素性の良いハンターは山を恐れず侮らないものです。更新が遅れた時は『あ、鹿を獲りに行ってるな』と思ってまず間違いないでしょう(今回に関しては私・ウラ漁師がうらたん釣行に行っていたからなんですけどね)。

[PR] ホテルリステル猪苗代

で、管理人さんの父上というのが職業猟師でして「最近では鹿が売れない」と嘆いておりました。そこで私がふと思ったのが〝輪切りにしてアクセサリーにすれば売れんじゃない?〟…輪切りにしてルーターで1ヶ所穴を開けて紐を通せば携帯ストラップ・止め具をつければキーホルダー、産地直売で¥500ならチョロッとくらいは売れるんじゃない?と思ったのです。
さすがに鹿肉を売るとなるとそれなりに通販の体制を整えなければならず大変な話ですが(食品衛生法による資格は既に取得しているそうです)、昔から山のお守りとして使用されてきた鹿角ならカウンターに置いて売れると思うんですが…どうでしょ?ついでに言えば鹿の角は犬の歯磨きに噛ませると良いですし、学校の標本として頭蓋骨も売れそうだし…結構捨てるところがないと思うのですが。

というわけで興味のある方は受付の管理人さんにお尋ねください。





変な夢 

昨日まで天候がぐずつき、結局先週は釣りに行けなかった(泣)

挨拶回りでウロウロしていたんですよ。あちこち回っているんですが、どこに行ったのか把握できないほど忙しい思いをして…事が結婚ともなれば挨拶回りが忙しいのも当たり前で、ぼやく私をなだめる彼女は終始笑顔ときたもんだ。女性にとっては結婚は〝嬉しい〟の一言でとにかくはしゃぐが男としては〝これからずっとこの女を守らなければならない…〟という義務感に変なプレッシャーを感じながら挨拶回りをこなして行く…結婚とはこんなものなのか、と感じながら彼女の笑顔をじっと見る。
見た目加藤あいのような彼女は終始笑顔を絶やさず普段から早足の私に遅れまいとしっかりくっついてくる。挨拶回りではしっかりとした受け答えで「若いくせにたいした奴だ」と感心させる。挨拶の最中でも私はしっかり彼女の肩を抱いている。

…というところで目が覚めた。軽いノイローゼかもしれない。

[PR] 「交通違反の保険をご存知ですか?」会員数400万人!保険料は月々わずか500円


少なからずとも姉の結婚が影響しているのでしょうが、型にはまらない私の姉らしく彼女らは結婚の挨拶回りなどほとんどしていない…もちろん彼女らは友人には報告しているそうだが、親戚や仕事関係での挨拶回りはしていないというのだからここからの影響はまず考えにくい。
今まで釣りの夢や仕事の夢、色恋事の夢は見たものの<結婚報告>のようなヘビーな夢は今まで見た事がない。それだけに印象に残っているのですが、仙台の中野さんの所に挨拶に行ったりうらたんに行ったりしているところが妙に生々しく変なリアリティを感じさせる。

アウトドア&フィッシング ナチュラム

加藤あいのI・N・G DVD Vol.1 加藤あいのI・N・G DVD Vol.1
加藤 あい (2003/07/22)
祥伝社

この商品の詳細を見る

結婚報告というヘビーな内容も不思議だし仙台‐丹沢間を半日で移動できてしまったのも不思議だが、最も不思議なのが「なぜ加藤あい?」ということ。別に海猿を見たわけでもないし見たいとも思わない、加藤あいの写真集も関連商品も持っているわけではない。なのに何故?
もちろん夢で出演したのは加藤あい本人ではなく〝恐ろしいほど加藤あいに似ている〟誰かで、身長も加藤あいより低い150cmくらいだったし愛知県出身というわけでもなかった。このアタリが個人的には変にリアリティがあって印象に残ったわけです。

[PR] 『楽宿(らくやど)』近畿日本ツーリスト

個人的には加藤あいは嫌いではありません、むしろ好きなタイプです。が、最近では安めぐみや熊田曜子のようなポンワリとした喋り方をするタイプに移行しつつあり〝オッサン化〟がますます進んでいる昨今なだけに「なぜ加藤あい?」の謎はますます深まるばかりです。

C.G.ユングの夢判断によると夢に出てくる異性は自分の無意識の〝象徴〟で、状況は自分の精神状況の〝喩え〟らしいですが、思い当たる事が何もないし〝臨床心理学〟に照らし合わせるほどのヒマもありません。ネタが明るいことなだけにどうでも良いことですしね。それにしても生々しいほどの精神描写だったなぁ…

間違いなく悪天候のおかげで釣りに行けなかったことが影響しているのでしょうが、果たしてこれが正夢となるか逆夢となるか…そんな事を考えていること自体「オメデタイ話」であることだけは確実です。

精神衛生上不健康な状態なので、明日とりあえず釣りに行ってきます。

(今日はここまで)





巷はGW中盤なんですねぇ(他人事) 

渋滞だぁー、大変だぁー…でも他人事

GWも折り返しに来ていよいよ民族大移動が始まったようでして…私は自営業者だし実家は横浜だし独身だからカミさん子供にサービスすることもない、と気軽なものです。だから写真のような行楽渋滞とはまるで無縁、弊害といえば例年この時期は渋滞のおかげで釣りのスケジュールが立てられないのと思いつく観光地は全て人でごった返すのでデートもナシ(もっとも今は彼女もナシ…随時募集中♪)ということくらい。

やはり釣りに行けないのは辛いですね。何しろいつもなら1時間で到着するところが3時間4時間、では実釣時間をどれだけ削られることか…盆とGWと年末年始にいつも思う〝本当は日本人はラッシュが大好きなのではないか?〟と。実は渋滞やラッシュが大嫌いなので自営業者になったという背景がある私なだけに「よくもまぁ申し合わせたように動けるものだ」と呆れながらこのGWを過ごすのです。




皆さん高速だ飛行機だ新幹線だを駆使して長距離移動しているのだからさぞ京浜地区の釣り場は空くのでは?とも思うのですがそれは甘い。田舎に戻る人もいれば田舎から出てくる人もいるのがGWで、やっぱり混んでしまうのが例年の〝お約束〟で、どの道混んでしまうんですよ。今年は早くもGW明け以降の釣行スケジュールを計画中です。

例年の事とはいえせっかくウェーディング・シューズを買ったのに釣りに行くことができないのでは「なんだかなぁ(阿藤快)」ですね。GW明けは…[ウラ話]へ続く

続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。