スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

方丈工房だより その73 

到着した〝素〟の EMUS ブランク…スーパー・ストロー・ブランクです(クリックすると 800x450 で表示します)

私のHP「ウラ漁師の小部屋」内〝URARYOUSHI Custom Shop PRE-OPEN Site〟にてプロトタイプ販売の案内を致しております。今の所渓流用バンブー・フライ・ロッドのプロトタイプを特別販売しています(ネット・ショップ用サーバ選定中)。

[PR] 平成20年 岩手・宮城内陸地震 義援金の募集(~2008.7.22.9:59)

久々の釣行が絡んで少々話が前後してしまいますが、岩手・宮城内陸地震発生の14日、予定通りブランクが到着しました。
今回到着したのは宮城県在住のビルダーさんの手によるブランクで、今までのビルダーさんと大きく違うのは“ストロー・ブランク”という焼きを最小限に抑えた仕様です。視覚的な効果はご覧の通りで、この見た目に拘る人も少なくないのではないでしょうか。ウラ漁師私物 ICANKOT 作成時にも再三触れましたが、漆を使用しているとどうしてもこのストロー・カラーを犠牲にしなければならなくなる。こいつが何とかならんものか、と色々考えて…
いや、漆を現在使用している最高級品の国産生正味漆ではなく最安値の中国産瀬〆漆を使用すれば含有されている蝋分の影響で色を薄める事は出来ますよ。実は漆には国産でも中国産でも蝋分は含有されていて、この蝋分を掻き集めて固めたのが蝋燭なんです。だから蝋分の多い瀬〆漆は国産生正味漆より発色が悪く、紀伊ヘラ竿ではこの特性を活かして積極的に塗りに採用しているのです。

しかしどうしても瀬〆漆の下地は気に入らない。というのも URARYOUSHI Custom Shop では〝瀬〆漆=糊〟と扱っているから。「実釣最優先なんだから、下地なんか別に何でもいいじゃん」と思われるでしょうがそれは実際にお使いになる皆さんだからこそ許される発言で、ロッドを作製する者として「基礎に当たる部分で手抜きをするなんてぇのは、姉歯じゃねえんだから出来るわけねえだろ」なんです。
下手な中国産漆を採用するより柿渋を採用したほうがよほど強靭な下地を作る事ができる、と URARYOUSHI Custom Shop では考えています。何しろ戦後の高度経済成長期まで庶民向け日常使いの漆器の下地として長く採用されていた、現在のコンクリート製になる前の木製電柱に施されていた、という実績から採用する事にしました。

柿渋を3回施すとこのような色合いに(クリックすると 800x450 で表示します)

そこで改めて採用となったのが柿渋なんです。

何より発色が意外と控え目でストロー・ブランクには理想的とさえ思えてくるのです。さらに漆と違って揮発固着(乾燥)の柿渋はエポキシと同様の手順で作業ができる、強度は生正味漆ほどではないが上漆に肉薄する、と見逃せない性能が盛り沢山です。庶民の知恵は蔑ろに出来ません。

[PR] ホテルリステル猪苗代

柿渋の嬉しい点は漆と違ってドブ漬けができるという点。
たいていは刷毛で塗り込み一旦寝かせてさらに刷毛塗りを施して拭き上げ乾燥、となりますがドブ漬けでぶら下げておくとブランクに染み込みながら余計な柿渋は落ちてムラ無く仕上げる事ができる、というわけ。ただし漆下地ほど極薄に仕上げる事ができないので振った時のフィーリングは漆下地より少々柔らかく感じるかもしれません。このあたりのフィーリングに関してはまだまだ未知数なので実際に仕上げないとなんとも…今のところシャキッとしたフィーリングが期待できる“漆による極薄仕上げ”なので段巻きは施さない予定ですが、柿渋下地による皮膜厚の変化でひょっとしたら施すかもしれません。

段巻きはペナンペナンな竿にシャキッとした張りをもたらすための工夫…接着剤が劣悪だった頃の名残でもある(写真は HOUSE OF HARDY “PALAKONA”)

ウェット・ロッド、特に HOUSE OF HARDY といえば飾り巻きを施して当然というくらいですが、これは〝仕上げたらモッサリとしすぎたロッドに張りを与えるため〟の措置なのです。サカナを乗せるためにモッサリとさせたいがキャストするにはモッサリとした竿は扱い辛い。乗せるための性能はそのままにシャキッとしたフィーリングを与えたいから段巻きを施した、というわけ。
だから同じブランクを使用していても PEZON FARIO CLUB には段巻きが施されているけど SHARPE FARIO CLUB はインプリグネーション(樹脂浸透)のため段巻きは施されていない、というわけ。漆はオイル・フィニッシュやインプリグネーションに匹敵する(URARYOUSHI Custom Shop ではこれらをはるかに凌駕すると確信しています)フィニッシュなので段巻きは…もし施したらサカナのテイクを弾くほどの反発力が生まれてしまう可能性は限りなく高い。

気になる完成後の価格ですが…まず標準小売価格で設定している 柿渋下地/ 塗立梨地漆仕上げ は ¥100.000- 、オプションで ハードガイド仕様+¥10.000- x2(#8指定でストリッピング・ガイドはふたつ)なので 計\120.000-。
ですが、今回の EMUS に関して言えばどうしてもロッドを継いでラインを通さないといけない。さすがにロッドを極限までグンニャ♪と曲げる事はしませんが、やはり「1回継いだ」とか「ラインを通した」とか言われると買う人はあんまり良い気はしませんよね?従ってこの辺の気持ちを差し引いて 特別価格 ¥80.000- と致します(現金一括の場合は ¥80.000-; 手付金+残金支払の場合 ¥44.000- を手付金として、発送時に残金 ¥36.000- を支払)

…原価と照らし合わせるとちょっと足が出ていますが、ま、いっか。という事で先着1名様のみこの値段で販売します。

さて[ウラ話]ではルアー用渓流/管理釣場ロッド“APYU(アピュ)”について残念なお知らせがあります。オマケの話もあるので興味のある方はご覧下さい。





 
続きを読む
スポンサーサイト

梅雨の晴れ間に 秋山川 ブログ編 

岩手・宮城内陸地震

URARYOUSHI Custom Shop のウェット・ロッド“EMUS”のブランクが「出来たので送ります」とメールが届いた翌朝岩手・宮城内陸地震の一報が。この東北のビルダーさんは宮城県内在住で、いろいろな意味で“これは大丈夫か?”だったんですが、ブランクが届いてひと安心。さらに よろずや齋藤商店 さん主催の“アングラーズ・クラフト展”が震源地より山ひとつ南側の鬼首(鳴子の上)で14日から開催されていて、ほとんどのフライ・ロッド・パーツをお願いしているだけに「大丈夫か?」と不安になる。加えて仙台・中野釣具店 さんの事も、仙台市内は差ほどでもないようだったが、不安になる。不幸中の幸いこれらの皆さんはたいした被害を被っておらず18日までには全ての皆さんの無事が確認できた…とはいえ観測史上3位の大きな揺れに見舞われた被災地の皆様の1日も早い復興と行方不明の皆様の無事をお祈り申し上げます。

[PR] 平成20年 岩手・宮城内陸地震 義援金の募集

さて本題です。6月19日秋山川に行ってきました。

秋山川

前回1本釣りとティペット切れで2尾のヤマメ?をバラして結局ボウズという憂き目を見ましたが、やはりどうしてもこのロッドでサカナを掛けないと気が済まない。
うまい事に1週間ほど雨が降らない“梅雨の晴れ間”が続き前回悩まされた妙に重い強い流れに悩まされる事もなさそう…週間天気予報を調べ〝19日までは雨は降らず、それ以降再びぐずついた天気が続く〟という事なのでこれを逃したらしばらく竿を振るのもままならない、という事で19日に再度秋山川に釣行となりました。

で、前回は初釣行という事でほとんど〝ガサ入れ〟要素+場当たり的な釣行でしたが、今回は綿密な予定を立てておきました。

大体の釣行予定…初夏という事で早朝と夕方に絞り込んだ計画を立ててみました

なにしろ19日は“蒸す”というので初夏のスケジュールを立ててみました。
まずバス釣りのように日の出から釣りを始めて10:00~11:00頃には一旦竿を仕舞い、16:00頃~日没迄再び釣りを始める。それもこれも根拠は水温上昇にあり。なにしろメイフライのハッチは14℃前後が最も適水温ですから。それにこの時期の夕刻はヒゲナガなどカディスも含めた“イブニング・ライズ”が期待できる。この2点に釣りを集中して、あとの時間はロッドも身体も休めてしまおう、という魂胆です。

[PR] 秋の連休や年末年始の旅は、「ビジ割」で早めの予約が断然おトク!

で、釣り場の選定ですが…前回入渓したエリアで増水のためどうしても歩けなかったところを見てみたい、というわけでガサ入れ要素も混ぜて尾崎地区で釣りを始める事にしました。そして(HPでは記述していないのですが)秋山川に流れ込む支流も覗いてやろうか、と考えた。意外と開けている秋山川には王の入川・安寺沢川はじめ4本の支流があります。その中のひとつにガサを入れてやろう、という事でできるだけガソリンを浪費せずに午前・休憩・午後の移動を行えるスケジュールを組み立てる。それもこれもこの日のガソリン単価がレギュラーで ¥168 という狂気の沙汰による対策(福田ぁ!!!)。

噂通りにウグイが多い川 この時期になるとかなりの数が遡上するのだそうだ

そこで着目したのが秋山温泉という施設。日帰り温泉ですがレストランもあれば休憩所(狭いらしい)もある…平日の昼間に利用という事もあって人も少ないだろうし、仮に多くてもレストランの個室を借りてしまえば寝る事も可能。そしてここが秋山川と安寺沢川の合流点近くに存在する。という事で“昼飯+休憩にここを利用する”と決めたら〝午前中は尾崎地区→昼食+休憩→日没まで安寺沢川〟とほとんどオートマチックに釣行のスケジュールが組み上がった。
で、現場に着いて計算通りハッチを確認して朝イチから釣りを始めた。全て予定調和。そしてついにというかようやくというか釣れました…ウグイ(アブラハヤ)ですけどね。…って、何このさまぁ~ずの“悲しいダジャレ”みたいな展開は。

それでも特筆すべきは“アブラハヤが掛かってもズンッ!とくる手応え”という謳い文句は確認できた。はっきり言って、痺れます。
もっとも掛かった相手はアブラハヤなので、最初のひと伸しを抑えたら後はおとなしく手元に寄せてしまいます。これを「ギュのひと伸し」という。普段なら「アブラハヤかよ」とさまぁ~ず三村張りの突っ込みを入れてすぐにリリースして終了、なんですが何しろ謳い文句がありますので確認できた事にひとつ収穫♪もちろん喜ぶのはここまで。次にアブラハヤが釣れても「アブラハヤかよ」と三村突込みを入れて終了です。

というわけで6月19日の釣行記は HP で紹介していますが、[ウラ話]では入渓ポイントなどを地図で示しておきました(Googleは結構負担が掛かるので別の地図を使用します)。それに思わぬオチについても触れていますので、おヒマなら見てよね♪





 
続きを読む

方丈工房だより その72 

やっぱり釣り竿はフィールドに出すと決まります(クリックすると 800x450 で表示します)


私のHP「ウラ漁師の小部屋」内〝URARYOUSHI Custom Shop PRE-OPEN Site〟にてプロトタイプ販売の案内を致しております。今の所渓流用バンブー・フライ・ロッドのプロトタイプを特別販売しています(ネット・ショップ用サーバ選定中)。

2008年6月10日 〝URARYOUSHI Custom Shop PRE-OPEN Site〟サイトリニューアルに伴いのURLが変更になっています。ブックマークされた方は更新をお願いします。尚ガソリン単価の異常な高騰の煽りで価格も若干改定しております、スイマセン(福田ぁ!!)。

さて先日敢行した足掛け2年ぶりの釣行で ICANKOT がこちらの想定していた以上の性能のロッドである事が判明しましたが、残念ながらまだサカナを寄せていませんので皆さんにはイマイチ伝わっていない事でしょう。「不完全の美学」とは日本文化の基本ではありますが、どうやら ICANKOT はいろいろな角度から見ても日本文化の基本を無視した完成してしまったロッド、かも知れない。
と自画自賛はさておき、実践では 7ft00in-7ft06in を1本と ~6ft06in を1本持って釣行に望むと「本流はダメでも沢がある」と攻略範囲が広がる、フットワークが軽くなると当然サカナとの遭遇率もグンと高まる、というわけで PENAUNPET と ICANKOT があれば日本全国どの渓流に行っても怖くないんだろうなぁ…と感じた。そのうち個人所有の PENAUNPET もストックしておこうかなぁ、と感じる今日この頃。

というわけで工房並びに漆塗り部屋は現在ちょっとお休み。しかし Custom Shop 自体は作動しています。

EMUS のベント・カーブ(クリックすると 700x433 で表示します)

便利な時代になったものです。以前ならトライ&エラーを繰り返してようやく1本のロッドを完成させていたバンブー・ロッドもPCソフトでかなり具体的なところまで設計が可能です(PENAUNPET/ ICANKOT で確認済)。

そこで現在 EMUS計画 が動き出しています。北陸のビルダーさんの〝廃業〟に伴い新たに東北のビルダーさんにオファーを出し、EMUS 9ft00in #8 3pcs. 1top のブランクをオーダー。完成を待っています。
ロッドの名前に採用した“EMUS(エムシ)”とはアイヌ語で刀の事。アイヌでもっとも有名な刀は“MAKIRI(マキリ)”で現代日本語では『小刀』を指します。EMUSはもっと刃渡りの長い反りの入った片刃の刀で日本の『太刀』に相当するものです。これはスイング&ターンでアプローチする際ラインを思い切り伸ばし切ってキャストし、切り裂くようにラインが着水する様を見て「栗塚旭(素浪人・野良犬)か萬屋錦之介(子連れ狼;破れ傘刀舟)が叩き斬ったみたいだなぁ…」と感じた事から命名。たいていは刀=日本刀…と言う事で「相州政宗」なんて名前を竿に付けそうですが、アイヌ語を用いるのがウラ漁師流。

で、皆さんが気になる“EMUS”のテーパー(ベント・カーブ)ですが、典型的なブリティッシュ・テーパー(ベント・カーブ)をモディファイしています。

[PR] JALカードSuica

EMUS がベースにしたのは HOUSE OF HARDY “PALAKONA”。ひと口に PALAKONA と言っても時代によって若干テーパー/アクションが異なるようで、その中から最も使い勝手が良さそうな年代のデータを元にモディファイしました。

これは PEZON “FARIO CLUB”のベント・カーブ(クリックすると 700x433 で表示します)

ウェット・ロッドというとどうしても PEZON が思いつくでしょ?それも FARIO CLUB でしょ?でも、何というか、ああ…ブランクだけでもちょっと探せばあるモンです。例えばバンブーロッド・メイキングのお店でとしては宮城県大崎市(旧古川市)の よろずや齋藤商店 さんと肩を並べるサイト展開をしている 埼玉県北埼玉郡の レオンさん でデッドストックもののブランクを販売している のですが、これが結構いい値段でこのブランクを購入する値段+2・3万円で EMUS 最終プロトタイプが買えてしまう。最終プロトタイプ販売終了後の一般小売価格はもっと高くなってしまいますが、それでも レオンさん は他では考えられないくらいの値段で放出している事を考慮すると、うちの EMUS は「引くほど安く売ってしまっているかなぁ…」ともう少し欲を出してしまおうか、とすら考えています。

ただでさえ〝ウェット用バンブー・ブランクがあればほぼ間違いなくFARIO CLUB〟という現状に引いてしまっているのですが、それに輪を掛けてどうも百姓根性丸出しの「○○派」というのが気持ちワリイ。それに FARIO CLUB をコピーしたブランクって、意外と出回っているし中古市場では PEZON とこれを丸コピーした CAPLAS は二束三文で出回っている。これは「言うほど良い竿じゃねえじゃん」というフライ・ロッダーの正直な気持ちが価格に現れている、と考えるべき。最近じゃルアーの MEGABASS なんかも新品時にゃ「なんじゃこりゃ?」な値段ですが中古になると二束三文、とよく似てますね。

EMUS と FARIO CLUB のテーパー比較です(クリックすると 700x433 で表示します)

そんな事も“ある程度”考慮に入れながらも、最終的にはシミュレートによる比較で決定しました。

良い言い方をすれば FARIO CLUB は真ん丸に近いベント・カーブを見せますが、悪く言えば“大袈裟”でチョイオーバーパワー気味なのが好みの分かれる所。反面典型的なブリティッシュ・アクション、どこまでも胴で受け止めるテーパーの EMUS はほぼ手元近くから曲がるベント・カーブ。これは「ほとんどオートマチックにラインがすっ飛んでいく」要素であり(これが PALAKONA が名竿と呼ばれる由縁か?)、ブランク全体の重力がラインに乗っかってラインを飛ばすという特性がおぼろげながら見えてきます… FALIO CLUB はむしろ反発力で飛ばす要素が大きいなぁ、とも見えてきます。
最も決定的だったのがベント・カーブの根本…FARIO CLUB って、意外とティップ側から曲がっているんですね。それに比べて EMUS で採用しているベント・カーブはズバリ、ワインディング・チェックのあたりから見事に曲がっています。思うにここに“タイミングの取りやすさ”がある、タイミングが取りやすいからラインがスルスルと飛んでいく、と見た。なにしろ FARIO CLUB はベント・カーブを根本に持ってくるためにバットのあたりに“逆テーパー”すなわち徐々に広がっていくブランクの根本あたりの一部がちょっとだけ細くなっている、という調整を入れているほどですから。

と、シミュレーションから色々と解析し判断して「ロッド全体でサカナのアタックを受け止めるのに適している」HOUSE OF HARDY “PALAKONA” をベースに3ピース#5でモディファイしたのが EMUS です。

今回作製している EMUS は#8…というのもストロー・ブランクを活かした 柿渋下地/ 塗立梨地漆仕上げ を施し、オプションであるカーボロイ・ガイドもしくはメノウ・ガイドを装着し、バランス確認とデータ採集・写真撮影を終えたら販売してしまう腹積もりです。販売するならウェットの標準番手である#8、とかなり売る気満々で作成の準備に取り掛かっています。

さて[ウラ話]ではもうひとつの “計画”についてお話します。興味のある方はご覧下さい。





 
続きを読む

秋じゃないけど、秋山川 ブログ編 

ドイヒーな朝

いやぁびっくりした。何がびっくりしたって、計算したら1年6ヶ月釣りに行ってない。1年6ヶ月って言ったら足掛け2年ですよ。驚いたのなんのって。

でもその間 URARYOUSHI Custom Shop の仕事に追われて釣りどころの騒ぎじゃなかった、ロッドを作っているもんだから釣りの疑似体験…ロッドを振るでしょ?ラインを通してキャストの塩梅を見るでしょ?ロッドにオモリをぶら下げてリフティングのチェックをするでしょ?そうするとやたら疑似体験が楽しめちゃう。そんなこんなで感覚が誤魔化されて足掛け2年釣り場から遠ざかってしまったというわけ。
それでも所詮擬似は擬似。実際の釣行には適わないものがたくさんありすぎる。そこで ICANKOT 7’00” DT2/3 という最終プロトタイプを持ってフィールド・テストに出掛けたというわけです。
HPにも記した通り本当は仙台の大倉川か名取川、ダメなら会津の渓流か山形の渓流と目論んでいたのですが、ガソリン代が高くて…トレイン&レンタカーを利用しても結局ガソリン代が重~くのしかかってくる。福田、テメー人の仕事の邪魔して税収入が減ってるって文句垂れてんじゃねえよバカタレ。

と本末転倒なバカをなじったところで釣行ですが、山梨県の秋山川に行ってきました。

秋山川は兎角評判の良い川で「いつかは行ってこよう」と思っていたのですが、ついつい行きそびれていて…このガソリン単価の意味のない高騰の煽りで“代替策”として急遽浮上した釣行先となりました。どうせ東北に行けないのならどこでもいいや、だったら管理釣場みたいなセコいトコじゃなくて一般渓流で言ったことのない所に行ってみようか、と刺激を忘れずに付加した結構場当たり的な選択となったのです。

[PR] 機種変更 古いケータイ 捨てる もったいない→売ってお金にする(^^)

で、本来なら5月最終週に秋山川へ、となったはずなのですが雨がガンガン降りやがって…おかげで延び延びになってようやく梅雨の晴れ間となると天気予報で太鼓判を押していた6月4日、行ってきました。

村営マス釣り場

そんなわけで相模湖~上野原~旧秋山村に向けて朝3:30出発。途中で30ℓだけ給油(私の愛車・エルグランドは80ℓのタンク…福田ぁ!)してコンビニで買出し…旧秋山村にはコンビニなんて洒落たモンはないそうですから。そしてガソリンをケチりながらの走行(福田ぁ!!)でゆっくり走って5:00旧秋山村・村営マス釣り場前に到着。


大きな地図で見る

でも村営マス釣り場では釣りはしません。ここに来たのは事前リサーチで「秋山川はヤマメ・イワナの他アブラハヤの魚影がやたら濃い。ヤマメ・イワナを釣るなら村営マス釣り場より上流」と申し合わせた用にどのHP/ブログでも書かれていたから。そこで村営マス釣り場(上写真A)を基点にまず上流部を下見しようというわけ。
それにしてもNHKの天気予報では「夜半には雨がやむ」と言っていたのに全然やまない。ドイヒーだな。帰ろうかな…と心が折れながらも最上流部まで下見をする。こんな時目線が高いエルグランドは普通乗用車じゃ見落としてしまいがちな風景も見えて便利です。

で、折れた心を支えてくれそうなほどよさ気に見えたのが尾崎地区。どうも個人的には建物が近い所で釣りをするのは好きじゃない。なんか見られているようだし向こうも覗かれているんじゃないかと思ってるかもしれないし、何よりバス釣りかなんかやってるみたいで…森の中を流れる川だと渓流魚釣ってますって気分にもなれますしね。

というわけで足掛け2年ぶりの釣行記は HP で紹介していますが、[ウラ話]では入渓ポイントなどをGoogle地図で示しておきました。おヒマなら見てよね♪






 
続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。