スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

方丈工房だより その142 

 
2010年、今年も神田明神に初詣に行ってきたっす


お久しぶりです。

皆さんいかがお過ごしですか。

URARRYOUSHI Custom Shop では買い替えたクルマのマイナー整備に明け暮れつつ、廉価版の更なる進化を模索してきました。
サボってたわけじゃねえよ。


なにしろ鳩山不況で仕入れ先の相次ぐ閉鎖や廃業・倒産、上質コルクの枯渇による価格急騰、おまけにパーツメーカーの販売縮小によるパーツ不足。。。根本的にいろんなやり直しを余儀なくされたっす。

そんな中で廉価版、つまり販売価格を抑えたロッドを作ろうとしたら『手に入りやすい既存のパーツを買い叩く』うえに『赤字ギリギリの利益』を設定する事でようやく実現できるけど、作ってみたら『なんか家電みたい』な無機質でどこにでもあるようなモノになっちゃう。


そこで試行錯誤した結果完成したのが写真に示しているグリップです。


2009年から構想に入り2010年1月、ついに形となって現れたグリップ。。。製作日数が短くある程度の量産ができるのが強みです フライのグリップとルアーのリアグリップを作成してみたっす


何しろ『安い』『早い』『頑丈』をクリアしないと話にならない。加えて『自然に優しい』『高級感を残す』っつー余計なハードルを初期設定しちゃったからハードルぐんぐん上がっちゃって。。。キツかったっす。

でも今回完成させたグリップは1つ作るのに最低グレードのEVAで作るより安く仕上がっているんです。

もちろん1日で下地は完成するし耐久性はEVAやコルク以上、天然素材のみで作成しているので自然に優しく上塗りで高級感も出てきます。
ぶっちゃけ、出来上がった時は小躍りしたっす。


おそらくこんなグリップ、洋の東西問わず歴史上存在しなかったんじゃねえっすかね。



[PR] GPS魚群探知機専門店プラスダイレクト



硬度はバルサやホウ以上で 5Aコルクのような固さがあるっす。

で、材質は、と言うと。。。


麻縄を漆で固めて成形したんです


麻です。麻を糊で固めてさらに麻縄を巻いて、を繰り返したグリップです。


製法は丸ごと企業秘密とさせていただきますが、普通に作ったら10日は掛かる下地作業を1日で終わらせる事に成功。これにさらに3日から5日の上塗りを加算しても1週間で完成しちゃうんです。

麻自体はとても安価で頑丈な素材です。それを幾重にも重ねていく『バームクーヘン工法(と勝手に命名)』で好きな形に仕上げる。だから削り損じでのムダがゼロ。おまけに使用しているのは(中国産)に小麦粉に麻だけなので自然に優しいんです。


PENAUNPET SGのブランクに仮装着してみました



さらにグリップの色も(国産)で着色できるから、廉価版とは思えないような個性的で高級感溢れるロッドが完成します。


現在大幅に完成が遅れている APYU 2009 通常版 と PENAUNPET SG 用のグリップの作成準備に入りました。さらに APYU 2010 のグリップも同時に作成していく準備を始めました。

さてこれらをどこで売ろうか。。。

今のところ楽天オークションで1発落札ありでの販売を予定しています。カードを使いたい人でもあそこなら使えるし、ね。


というわけで2010年、URARYOUSHI Custom Shop は深く静かに進行しています。








 
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。