スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もっと釣りたいからフライで釣る 

こんな感じのポイント、ゴロゴロしてますよね

タイトルを見て『そうだよね、だからフライは最強なんだよ』とフライヤラウは鼻の穴を膨らませて熱弁を振るうでしょうが、フライの優越性を話すと思ったら大間違い、本音を言えば〝フライは遠回りな釣り〟とも言えるのです。『それではタイトルと違うじゃないの』と思われることでしょうが、タイトル通りの事を実感してフライフィッシングを始めてしまったのだから仕方がない。
もちろん単なる思い付きやいい加減なこじつけでモノを言っているのではありません。私がフライフィッシングを始めた動機をちょっくら書いていくとタイトルのひと言で落ち着いてしまうのです。

例えば上の写真のようなポイントに出くわしたとします。ここにヤマメとイワナが100尾いるとします。そして〝全部釣って良いよ♪〟と天からお墨付きを頂いたとします。しかし〝投網はダメ!〟です …となるとあなたには エサ釣り と ルアー・フィッシング と フライ・フィッシングもしくはテンカラ釣り のアプローチがありますね。ではこの中でどの釣りを選びます?

[PR] パソコン買うなら必ずチェック!ソーテックダイレクト


最も効率良く釣るには エサ釣り が一番です。え?って思うでしょ?でも実際にサカナが捕食しているものをドンズバで流すのだから釣れて当たり前ですよ、ええ。しかしどんなに効率が良くて最強でも100尾いるサカナの100尾全てを釣り切る事は〝不可能〟です。なぜならもしサカナが満腹だったら?もしサカナに食欲がなかったら?当然エサを流しても食らいつこうという気にはなりませんよね。
食欲のない奴にいくら主食を見せつけてもダメです。デザートを見せねば…よく「デザートは別腹」と言いますが、それはお姉ちゃんでもサカナでも同じ事、リアクションバイトで〝思わず食いついてしまった〟的なモノを流せば釣れる。そこでルアーということになるのです。

実際ルアーを始めて(ずーいぶん昔の話になってしまいましたが)その〝取り切れなかったサカナ〟も釣れるようになったのですが、それでもそこにいる100尾を釣り切る事ができるかといえば…残念でした、それでもまだ釣り切る事はできません。何しろ慎重な奴というのはいるモンですから…



休日に釣りに行くなら、こんなヤマメを釣りたいですよね?

100尾釣ろうとすると当然そこにいるサカナは学習します…実際ヤマメはおっそろしいほど警戒心の強いサカナである(亜種のアマゴも同様)ことは既にご存知でしょうが100尾も釣ろうとなるとそこにいるサカナは徐々にエサやルアーに慣れて見向きもしなくなります。これは一般渓流で人が多く入ってサカナがエサやルアーに慣れきってしまう状況と同じですね。

そこで考えたいのがエサ釣りもルアーも〝水面下での勝負〟となります。水面下でどんなに自然にエサを流そうが不自然に泳がせて誘おうがサカナは慣れっこへっちゃらになって食いつこうとしなくなります。これがいわゆる〝スレる〟という状態ですね。
しかしそんな状態でもサカナは何かしらのエサを捕食して生きている。では何を捕食しているのかを考えると…羽化直前のカゲロウやトビゲラなんかの〝羽虫〟ですね。無理をすれば昔赤トンボをエサにして水面を流しウグイを釣った〝アカネ釣り〟ができそうですが、エサ釣りにしてもルアーにしてもカゲロウやカワゲラを表現したアプローチは〝不可能〟です。なにしろ中型カゲロウより小さなカゲロウを針に刺すと針の重さで沈んでしまうし何より投げづらい。最強のエサ釣りの限界点ですね。ルアーでも1cmかそこらの羽虫をイミテートするトップウォーターなんて存在するわけが…

[PR] 機種変更 古いケータイ 捨てる もったいない→売ってお金にする(^^)

そこでフライ・フィッシングの出番となるのです…テンカラというアプローチもありますが、リールにラインをストックしている分キャスト範囲がグッと広がるのでフライというだけでテンカラもほぼ同意語として捉えてください。フライならドンズバ・カゲロウやドンズバ・トビゲラをイミテートしているので〝今まで攻め切れなかった場所〟をズバリ攻めまくることができる。こうしてようやくここの100尾を満遍なく釣る事ができるのです。
実際河川湖沼で釣り歩けば歩くほど〝釣り残し〟を実感したものです。もちろん〝根こそぎ〟釣る事自体に私は反対していますが、『狙ったサカナを逃さない』と考えるとどうしてもこのように突き詰めて考えてしまうものです。

だから私は〝もっと釣りたいからフライで釣る〟のです。

余談ながら、前回のブログでは服装について 能書きを垂れ 触れましたが『誰かの真似したコスプレ』のために釣りをするのではなく、サカナを釣りたいから使いやすい服装を選んでいる、と。全部ここに帰結してしまうのです。




コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uraryoushi.blog61.fc2.com/tb.php/109-bd177205

カワゲラについて-ムシラーの前世

カワゲラカワゲラは?翅目(カワゲラ目 Plecoptera)の昆虫の総称。半変態群に所属し、体はやわらかくて弱い。ほとんどの種で前翅より後翅の方が広く、不飛翔時は扁平に重ねて翅をたたむが、トワダカワゲラ(''Scopura longa'' Ueno)やセッケイカワゲラのように翅のないもの
  • [2007/02/22 18:20]
  • URL |
  • ムシラーの前世 |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。