FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うらたん情報プラス… ルアーで狙うトラウト 本当に基礎の基礎・入門 

サカナ・さかな・魚…これだけ見えているのに釣れないと、本音で凹むでしょ?

 昨日はここ(FC2)のサーバがすっ飛んだらしくほぼ書き終えた原稿がバッチリ消し飛ばされ…ざけんなよと再度書き直しています。

 さて今年はやたら暖かく2月だというのに春じゃん、な今日この頃。去年のような低水温に泣かされる事はないでしょうが、それでもどこのフィールドでも冬の症状は起こっているようで…うらたんなどでは冬といえば〝渇水期〟で水温は10:00現在で5℃前後、ととてもしびれる現状です。これがフライだったらマッチ・ザ・ハッチでミッジの釣りと確実に底を転がすニンフのアウトリガーとウェットっぽくスイング&ターンでガッツリ釣り上げますが、ただ巻いて来るしか能がないルアー・フィッシングは活性の上がる時間以外では交通事故的にしか釣れないのが現状です。
 そこで〝何が何でも釣果を出したい〟とがっつくのであればエサ釣りかフライで釣る事をお勧めします。もっともうらたんではエサ釣りは持ち込みすら禁止しているので他で楽しんでいただくとなります。〝ただ巻くだけしか能のないルアーで釣果を上げたい〟という方は、シンプルだからこそ奥深いルアー・フィッシングの世界をひとつひとつ見直してガッツリ釣っていきましょう♪

 今回のうらたんプラスはうらたんざわ渓流釣場を舞台に〝これから迎える渓流解禁に向けての渓流ルアー〟を考えていきます。

[PR] 日本一美味しい沼津の干物! 干物といえばココ!干物三昧ドットコム


 まずはあなたのタックルを見直してください…
 ロッドやリールに関しては私なんかより皆さんのほうが雑誌や釣具屋さん通いで良~くご存知でしょうから割愛します。つづいてあなたのタックルを見てください。スプーン、ありますね?ミノー、ありますね?クランク、人によっては持ってますね?バイブレーション、持ってますね?スピナー…え?持ってない?東北トラウトルアー・ハンターの皆さん、笑う所です。
 ハッキリ言ってスピナーを持っていないとしたらあなたの頭は相当硬くなっています。ついでに言えば硬くなった頭のおかげでかなり損しています。というのも下手なスティック・ベイトを買うよりスピナーのほうがよほど重要です。



 では硬い頭をほぐしていきましょう…
 スプーンの動きをイメージしてください。お尻フリフリ泳いできて周りのサカナに強烈にアピールしますね。じゃ、ミノーは?…やっぱりお尻フリフリ、ですね。じゃ、クランクは?バイブレーションは?…やっぱりお尻フリフリですね。かく言うスティック・ベイトも変則的ながらお尻フリフリです。
 ではスピナーは?どんな動きか知ってますか?
「そんなの簡単だよ。ブレードがピカピカ光ってサカナを誘うんだろ?」
と答えたあなた、残念ながら3割だけ正解・7割は不正解です。実はブレードが回転することでボディが細かく振動するのです。

スピナーはソフト・ルアーのグラブと似た効果で泳ぐ

 ハード・ソフト併せてこのような動きをするのは ゲーリーヤマモトの看板商品・グラブ とスピナーベイトくらいなものです。特にグラブはブレードに相当する部分が後ろについているだけでメカニズムからルアー特性まで良く似ています。
 もしあなたが〝ルアー=疑似餌=エサの代用品〟と考えているのであれば気がつかずに見逃してしまうルアー特性です。ここは〝ルアー=リアクション狙いの道具=サカナがつい食いついてしまう要素がデフォルメされたもの〟と考えるとこのスピナーの要素が有効である事が良くわかるでしょう。元々l〝lure〟とは〝誘う・誘惑する〟という意味ですからまずは〝サカナを誘う要素〟をじっくり見ていくのが基本です。

 とここまで書けば同じアクションのルアーを揃えるよりまるで違ったアクションのルアーを持っていたほうが有利だな、ということが推測できたでしょう。しかしそれが分かっていてもスピナーの購入に躊躇する人が多いのです。その辺に対する対策も硬い頭をほぐせばいくらでもどうにでもなるのですが…[ウラ話]ではもっと頭をほぐして考えていきます。これから管理釣り場や桂川あたりでルアーで、と考えているのであれば読んで損はありません。もちろん東北ルアートラウト・ハンターの皆さんには〝笑うツボ〟満載です。



[ウラ話]



写真をクリックすると 一竿風月・楽天市場支店 にジャンプします

 何でスピナー持ってないの?…と聞くと驚きを通り越してすっかり呆れてしまうのが
「だってフック交換できないもん」
だって。その後に延々言い訳を聞かされるのが鬱陶しいので放置しますが、考えてみれば〝自転車に乗れる奴は乗れない奴がなぜ乗れないかが良くわからない〟〝逆上がりができる奴はできない奴が何故できないかがわからない〟のと同じ事で、できない人は分かってしまえば
「あ、な~んだ」
と意外と簡単だった事に気づくものです。だからはなから諦めずに頭を柔らかくすれば簡単に解決してしまいます。

 まず第一に、純正でくっついているフックは〝捨てる〟んでしょ?

 捨てるのであればフックのアイをニッパーかラジオペンチで切ってしまいます。そしてスプリット・リングをつけてから好きなフックを装着すればハイできあがり。

〝ルアーの基本〟と言われてきたスピナーなんですが…

ね?知るとなーんだ、な事でしょ?
 それでもまだ頭の硬い人は
「それでもトレーラーが…」
とまたグズる。ここまで来ると本当に釣る気があるのか甚だ疑問ですが、最近ではこんなグズ人のためにトレーラーで売ってるんですね。



写真をクリックすると BassMateInfinity・楽天市場店 にジャンプします

 しかしずぼらな人が多いのか忙しい人が多いのか弥生人末裔率70%以上の人が多いのか、はたまた元々在庫が少ないのか、トレーラーはいずれも軒並みSoldOut、↑で紹介しているトレーラーもいつまで在庫が残るやら…だったらいっその事自分で作ってしまえ!と縄文人末裔率70%以上の私はすぐに考えてしまうのです。



写真をクリックすると ナチュラム・楽天市場支店 にジャンプします

 本格的にフライ・フィッシングをするのであれば最低でも Dyna King か HMH のバイスを買っておいたほうがいいでしょう(どうせいずれはこの辺に落ち着く)が、ルアーのトレーラーやラバージグ程度なら↑で充分です。何しろ↑の値段は¥2.180…結構いいでしょ?もっともうらたんをはじめ大抵の管理釣り場では〝トレーラー禁止〟なので無駄といえば無駄な話ですが…一般渓流をルアーでと考えている人には必需品のひとつです。

[PR] 日産:ティーダ公式ブログ



写真をクリックすると プロショップ・オオツカ・楽天市場店 にジャンプします

 意外と多いのが
「フックサイズが分からない」
とグズる人でして…ここまで来たら硬い頭も重症です。フックはトレブル・フックの1.5倍が目安ですが、スプーンにしろスピナーにしろ多少フックの大きさがばらついても体制に影響はありませんので#4・6・8を揃えておけばまず困る事はありません。
 最近ではずぼらな人が多いのか忙しい人が多いのか弥生人末裔率70%以上の人が多いのか、マニュアル教育の弊害なのか、最初からフック交換可能なスピナーが売られています。



写真をクリックすると 一竿風月・楽天市場支店 にジャンプします

考えてみれば今まで何故このスタイルにならなかったかのほうが不思議ですが…ここまで揃ったらもうスピナーは怖くないですね♪





[さらにウラ話]



写真をクリックすると ナチュラム・楽天市場支店 にジャンプします

 冬のうらたんといえば〝今週のうらたん情報〟を見てもらえば良く分かる通り、水温は午前10:00現在の平均は5℃です。5℃といえばたいていのトラウトは〝底ベッタリ〟です。そこでルアーに限らず底を転がすようにトレースするのが基本なので1gより2g、2gより3g、3gより4gのほうが有利になります…この事を知っているだけでもルアー・ローテーションがバッチリ組みあがります。

 さらに天気が良ければでは水温が上がり、イワナ→ヤマメの順で活性が上がり、元々貪欲なニジマスは暖かい水面に上がっていきます。これは自分の居るポイントばかりでなくそのずっと上流も影響してくる事なので〝ここでは晴れてるけど山は雪〟となったらいくら待っても底ベッタリのままです。それに気づかず表層ばかりトレースしていると…結果は言わなくてもわかりますよね?

 そこで武器になるのが↑の非接触型水温計で、どれだけ便利かといえばHP〝ウラ漁師の小部屋〟でも紹介している通り〝あると欠かせない存在〟になります(私、ルアー用とフライ用に2つ持ってます)。

 水温を計って(たった1秒!)予測を立てれば嫌でもその日の戦略が見えてくる、少なくとも〝底ベタ〟なのか〝中間層〟なのかが見えてくる…これだけでも随分釣果が変わるものです。

[PR] 社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン

このブログでもHPでも一貫していっている事ですが、1尾でも釣りたければ、居付かず動いてポイントをどんどん叩くべし!

 最後に、これはこのブログとHP併せて一貫して言っていることですが、1箇所で粘るよりガンガン歩いてガンガンポイントを叩く事が釣果を伸ばす近道です。特に冬季は渇水と低水温のおかげでトラウトが固まっている、固まって底の色が変わるほどのサカナを見て
「これだけいるんだ、1尾くらい釣れるだろう」
とプッチンプリンか不二家のケーキ並みにアマッチョロイ考えで気がつくと1時間も粘ってしまった…これでは暇人にも笑われます。なぜなら固まっているサカナのほとんどはルアーに気づいても追いかける気力がないのだから。
 アタリがなかったら1箇所で投げても10投を限度とし、10歩でいいから立ち居地を変えていきます。私の場合釣りあがりもしくは釣り下りながらキャストするのでルアーもしくはフライが同じ軌跡をたどる事はありません。これだけでも随分釣果が違ってきます。

 肝心なのはどんなルアーを投げているか・何色のルアーを投げているかではなく、常にフレッシュなルアーをサカナに晒す、ということです。

 従って区画整理型の管理釣場だとひとつの区画で反応が悪ければ10分もいない、という計算になります。
「それじゃあっという間に上から下まで行っちゃうじゃないか!」
と思ったあなた、大正解、それでいいんです。なにしろ川は刻一刻と変化していてさっきはダメだったけどちょっと経ったら大爆発するポイントなんて珍しくありません。それは私のフライの釣行記を愛読してくださっている方には良くお分かりいただけていると思いますが、
「俺はルアーしかやらないから…」
と読み飛ばしている人は、ハッキリ言って損しています(自画自賛)。

[PR] ホテルリステル猪苗代

 ルアーはシンプルで巻くしか能のない釣法ですが、それだけに積極的に事故にあうような釣り方で〝やる気のある〟サカナだけを拾って釣っていくのが基本です。
「そこにサカナがいるから…」
とやる気のないサカナの影にムキになるのは愚の骨頂で、そんなサカナを相手にしたい人はへらぶな釣りをしたほうがいいでしょう…人には向き不向きがありますからね。

 参考までに私のHP〝ウラ漁師の小部屋〟では〝あなたの釣りの適正は?Hunter Check〟があります。飽くまでも洒落のゲームですが、意外と当たるかもしれませんよ。





コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uraryoushi.blog61.fc2.com/tb.php/117-2eb937b8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。