FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週のうらたん情報・更新終了しています 

こないだの春の大嵐のおかげで増水中♪

私のHP〝ウラ漁師の小部屋〟では神奈川県相模原市津久井町にある うらたんざわ渓流釣場 から頂いたデータを毎週木曜日深夜~金曜日早朝にかけて更新・公開しています。

本日7:30、今週のうらたん情報の更新終了しております。何でも管理人さん、冬の繁盛記と鹿狩りの猟期が重なって疲れが溜まったのかウラ漁師同様インフルエンザの影響からか、
「データ送らねば、送らねば…」
と思っていたらそのまま寝てしまったのだとか、いやはや。
山梨県内でも桂川・都留地区は3月15日のようですね。HPは去年の解禁以来更新されていないので何とも言えませんし、道志川・山梨県側はもう解禁しているのかどうなのか…C&R区間が廃止になってからHP更新が行われていないので驚きです。今や一家に一台どころではなくひとりに一台PC、の時代なのに時代に逆行しているなぁ、と彼らのそこはかとない〝排他的〟な性格を垣間見たような瞬間。
そんな〝出して出しっ放し〟なHPにならないようにうらたん管理人さんと連携して頑張って〝今週のうらたん情報〟を更新していきますので皆さんお付き合いくださいね♪

[PR] HP 10年ハワイ!キャンペーン

さて今年は例年にない暖冬という事でまるで寒くない、丹沢山麓にも雪というものがまるでないですが、今週に入ってカディスのハッチが確認できました。去年は4月になってようやく確認できただけに
「やっぱりハッチは例年より早いや♪」
です。某お台場の放送局のアナウンサーみたいにただあったかいからと目先の事だけを見て地球規模の異常気象を喜んでばかりもいられませんが、入梅までは去年とは大幅に違う〝ハッチ・カレンダー〟を予測して一足早い〝次のステップへの準備〟が必要になることでしょう。

でもしばらくはミッジの季節ですよね。そこでミッジの季節の狙い方を紹介しますと…
盛期なら流れのある所をガンガン攻めて釣り上がりますが、この時期の〝ネイティブな〟ヤマメを狙うなら流れから少し外れたトロ場や淵を中心に攻めていきます。それも闇雲に攻めていては効率が悪いのでライズがある所を探して回ります。冬の間ヤマメクラシックⅡでトレーニングをしていた人なら水温が上昇すると淵やトロ場のような流れの緩いポイントででガンガンライズが起こるのを何度も目撃している事でしょうが、これは一般渓流でも同じ現象が起こります。
つまり〝やる気のあるサカナを拾い釣りしていくわけですが、冬場のポイントは
ひとつのライズを発見したらそこには10尾の釣れるヤマメがいる
という大きな特徴があります。これは越冬でコンディションのいい場所に魚が群がっている影響から来る現象なので、実践で考えると

1)まずいきなり川に下りずに淵やトロ場や流れの緩やかなところを林道などから観察する
2)ついでにハッチの有無も見ておく
3)ライズが起こっているポイントを見つけたら遠回りしてサカナにプレッシャーを与えないようにエントリーする
4)ポイントに到着したら徹底的に粘って何度もフライを流す


と、〝ひとつでも多くのポイントを叩いてガンガン釣り上がる〟最盛期の釣りと比べると釣りの体勢に入ってからの動作は緩慢になります。ね?まるっきり違うでしょ?

[PR] 日本一美味しい沼津の干物! 干物といえばココ!干物三昧ドットコム


そんなわけで解禁間もないミッジの季節には〝分かっている人達〟も〝そうでない人達〟も流れの緩いところに固まって人気フィールドなどでは通勤時間の新宿駅状態になってしまいます。これを回避するには〝マッチ・ザ・ハッチを捨てる〟というのもひとつの手段です。
このブログや私のHPでは〝渓流でもウェット〟を押していますが、もちろんウェットも大変有効ですが、流れのある所にいるヤマメやイワナを狙うために〝リアクションで狙うドライ・フライ〟という手段があります。

ロイヤルコーチマン

アダムスや全身を真っ白に仕上げたライト・ケイヒルがとても有効ですが、私の場合見た目がキレイなロイヤル・コーチマンが欠かせません。より視認性を高めるなら〝ロイヤル・ウルフ〟も外せないところですが、去年のうらたん釣行と菅野川釣行で紹介している通り〝イワナは赤が好き〟という実釣体験から
コーチマンはトラウトを狂わせる色の組み合わせ
と考えているウラ漁師にとって外す事のできないパターンになっています。
最近の雑誌ではテレストリアルのパターンと決め付けている傾向が強いロイヤル・コーチマンですが、そんな安藤優子(あ!某お台場の放送局のアナウンサーだった)並みに底の浅い根拠を基にした限定した使い方ではもったいない、究極のアトラクター・フライとして常時#12~16を巻き溜めしておくとボウズはまるでなくなります。ミッジのこの時期でも流れのある所にガンガン流してみると、絶対数は少ないですが、コンディションのいい大物に出くわす事もしばしば…個人的な実感だとロイヤル・コーチマンは大物を引き出す確率が高いような気がします。

これから釣りに行こうと考えているフライ・フィッシャーの皆さん、ロイヤル・コーチマンは持っていて損はありませんよ♪




 

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uraryoushi.blog61.fc2.com/tb.php/129-5ee31bd6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。