FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウラ漁師が〝釣らなかった〟日 

釣り場に行ったら釣りをしなければならない、という法律はどこにもない

今日はHP1000HIT達成記念の、仙台に送る毛鉤に使うチューブを購入しに高座郡寒川町に行ってきました。とにかく横浜界隈・神奈川県くんだりではチューブフライというとマニアックを通り越して〝物好き〟しか巻こうとしない代物です。入手するの、大変なんですよ。
普通に店頭に置いているのが寒川町にある〝タイトライン〟さんくらいなもので、中途半端に遠いところにあるので今度から通信販売で取り寄せることにしました。

さてこの〝タイトライン〟さんは、HPの地図には書いていないものの、シーバスで有名な神川橋の堰のすぐそばだったのでとりあえず観察に行くことにしました。バスフィッシングで言うところのプラ(プラクティス)という奴です。
ちょうどまだ相模湖に行ったときのバスタックルがクルマに積んだままだったのでよほど活性が高ければ攻めてやろうと思ったのですが、基本的には〝ただ見るだけ〟です。下見で大事なのはサカナの付き所だけではなく…



観察する場所はズバリ変化のある所…既に釣り人が入っていました

水辺に行く道を知る、危険箇所を確かめる、他に釣り人がいればどこに立っているかを知っておく、ということです。

神川橋はそれこそ〝有名すぎて手垢にまみれたポイント〟ですが、ウラ漁師はまだここで実際に竿を出したことがありません。川シーバスばかりでなくバスも狙えるらしいので水のヨレや水底をしっかりと調べておけば後で釣りが楽になる、というものです…ウェットのフライをやっていてよかった♪川の読み方なら任せとけ、でしょ。

ということで近々ここで竿を出して見たいと思っています。お楽しみに。






コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uraryoushi.blog61.fc2.com/tb.php/15-bcdfd9af

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。