FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うらたんはすっかり釣れ釣れモード、らしい 

撮影:うらたんざわ渓流釣場・管理人I氏

春ですねぇ…私の釣果は不漁続きで冬将軍真っ只中ですが、地上はまさに春ですねぇ。昨日は私のHP内〝今週のうらたん情報〟更新の日です。「うらたんざわ渓流釣場」のコンディションがメールで送られてそれをHPフォーマットに変換して公開するのですが、挨拶文から水生昆虫のハッチから同封されている写真から〝春〟を感じるのです。

2006ゴールデンウィーク特集
そういえばもうすぐゴールデンウィークなんですね。私は自営業者なので特に関係のない話ですが、今年の関東地方の河川湖沼はいまひとつ水温が上がり切っていないのでバスを狙いに行くとすっかりやられます、ここに生きた証人がいるので(俺だよオレ)間違いありません。せっかくの休みに玉砕覚悟でバス狙いというのも男かもしれませんが、釣果を出して有意義な休みを満喫したいならトラウトです。これは間違いない。
今年は水温計で計ってみるとどこも申し合わせたように14℃前後と中~大型のメイフライ(カゲロウ)がパカパカハッチしてヤマメがパッコンパッコンライズするには絶好の水温ときている…これを逃す手はありません。


icon
icon
↑この水温計がものすごい優れもので、いまや釣りには欠かさず持って歩いています。何しろ水面に向けてボタンをピッと押せば水温が分かってしまうのだから♪私が水温をズバリ言えるのはこれのおかげです。

今の時期は渓流も湖沼も解禁しているのでつい「何が悲しくて管理釣り場なんかに…」と思うのも人情ですが…

休日に釣りに行くなら、こんなヤマメを釣りたいですよね?

芦ノ湖に通ってるフライフィッシャーは午前中に芦ノ湖で釣りをして、やたら釣り人が多かったり急激に水温が上がってトラウトがへばったりして「今日はダメだな」と感じたら昼前に撤収して御殿場の東山湖(管理釣り場)に行くというのが半ばお約束です。
何だかんだ言って釣れない釣りほど疲れるものはない、ならば東山湖で憂さ晴らしとテクニックを磨く目的で竿を振り続けたい、というわけです。

道志川や桂川でもやたら釣り人が押し寄せたり急激に水温が上下したり不運があるかもしれません。昼までに「今日はダメだな」となったら〝うらたん〟に逃げてしまうのもひとつの手です。
考えてみればヤマメクラシックⅡも桂川もそう大差なかったりします(ゴミが見当たらない分うらたんの方が良いかもしれない)。一般渓流の1日件を買っても午後からうらたんに入ればうらたん1日券と価格はそう変わらない、となれば〝最初からうらたんで釣りをしていたんだ〟と思えば損した気分にはならないはずです。
いやむしろ〝うらたんの1日券の値段で2ヶ所のフィールドで釣りができた〟と思えばむしろ得したような気になります。

リバー&レイク - アウトドア&フィッシング ナチュラム

なんだかんだ言っても〝せっかくの休みを釣れない釣りで費やす〟ほど精神衛生上よろしくない、午前中に見極めて午後にはうらたんに行くという保険を予定に組んでおけばいい休日は間違いなし、でしょ。うらたんの場合クラシックⅡでダメだったら区画エリアという最後の手段も残っていますから。

この時期クラシックⅡは釣れ釣れモード全開です。

…以上、HPでは書き切れなかったウラ漁師のウラ話でした。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uraryoushi.blog61.fc2.com/tb.php/17-662c55db

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。