スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

方丈工房だより その57 

ついに8回目、最後の漆塗りです

さていよいよ最終段階、スレッド留めの仕上げ塗りです。
ここまで来ると実に感無量。本当に嫁に出したくないという不思議な気持ちになってしまいますが、もう東京都・HN/マー坊様に到着指定時間に希望があれば連絡下さいとメールを送りましたのでしっかり配送させて頂きます。それでも不思議なこの感覚…しっかり仕事を果たしてもらいたいと願うばかりです。

しかし仕事はまだ終わっていない。百里を行くモノは九十九里を半ばとすべし、遠足は家に着くまでが遠足です、と昔から諺がある通り最後のひと塗りを失敗すると1からやり直しという悲惨な結果になってしまいます。実際これってすごいプレッシャーです。
そこでいつも以上に緊張して手早く塗り上げます。実際春慶塗の手法(下地漆を施さず直接春慶漆を塗る手法)でのスレッド留めは初めて行いましたが、この手法は当初予定していた手法より短時間で確実に固着させることができるので今後一貫してこの手法を採用することにしました。いかんせん手探りな部分が多々ある〝最強の皮膜の塗り上げ方法〟なので某県は確実に必要というわけです。それも今回のプロトタイプ作成でかなり判明したことが多く、それだけに感無量というわけです。

実は部分的に仕上がりが少々“?”な部分もありますが、プロトタイプ販売に加えて一般渓流解禁が間近それに強度には一切問題が無い部分なので一旦納品とさせて頂きます。手にとって「これはちょっと…」というのであれば当然無償で修繕を承りますので東京都・HN/マー坊様、一旦手に取って使ってみて下さいね。

[PR] マイルがどんどんたまる「JALカード」

ネームを入れます

最後の仕上げとしてネームを入れていきます。

PENAUNPET の場合 URARYOUSHI Custom Shop で扱っているブランクの中で最も細いだけにネーム入れもひと苦労です。一筆入魂で書き上げていきます。基本的に IWATA ROD 製ハンドプレーン・ブランクを使用する〝PENAUNPET〟〝GOVERNMENT〟〝EMUS〟〝KAMUY SANTEK〟には

URARYOUSHI Custom Shop “モデル名” OOfeetOOinch #O
    Made in Japan from Iwata Rod
                               OOOOOO


と表記し、〝YAMAME〟〝Icankot〟〝Icaniw〟には

URARYOUSHI Custom Shop “モデル名” OOfeetOOinch #O
    Made in Japan
                               OOOOOO


と表記します。

あとは梱包と発送ですね。既に PENAUNPET 用のクロスバック(ロッド・ソックス)とアルミ・ケースは準備できています。
というわけで東京都HN・マー坊様、メールでお知らせした通り24日発送となります。楽しみしていて下さいね。





 

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uraryoushi.blog61.fc2.com/tb.php/239-e63121ac

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。