スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

方丈工房だより その133 

完成を待つ APYU 2009通常版 のブランク


私のHP「ウラ漁師の小部屋」内〝URARYOUSHI Custom Shop PRE-OPEN Site〟にてロッドその他販売の案内を致しております(ネット・ショップ用サーバ選定中)。



駅前に 今日もメルヘンちゃん 立っていた。仕事を頑張る女性の姿って、いいよね。(本人はメルヘンちゃんと言われて苦笑いだったけど)



っつー事で今日の方丈工房だよりはAPYU 2009通常版 のお話から。


それこそ気軽にブログ覗いてくれたメルヘンちゃん(後日もっとイイあだ名を考えるけど、今は思いつかねえからこれで)的な人でもヒョイと買えるような、そんでもって買って良かった、といつまでも手元に置きたくなるようなロッドを、っつー理想を掲げてデザインした APYU 2009通常版。
ところが販売価格¥15.000- の枠に収めるようにいろいろ調整しながら製作しないといけないっつー相当渋い条件下でやっているのでいろんな問題が噴出しっ放し。

例えば桜皮をフロントグリップに巻こうと思ったら水に漬けておいた桜皮にカビ的なものが…なんだよ、赤紫のはずなのに真っ白くてフワッフワじゃねえか。あまりにえげつないので写真公開は控えます。

これ以上桜皮を消費したらそれだけで足が出ちゃう。
っつー事でまたまたフロントグリップの材質変更…こうなりゃ納得いくもの見つけるまで引っ張ろうじゃねえか。


っつー事で考えに考え抜いた新しい素材は…


仮組の状態


漆っす。


これは乾漆っつー製法で、奈良時代に仏教を普及させるために仏像を大量生産しなければならない時に多用された技法なんっすわ。

すんげえぶっちゃけて話をすると、

   型を作る
 → 型の上に繊維とコクソを塗って固める
 → お約束の重ね塗り
 → 型から取り出して色をつける

っつー工程っす。で、



[PR] 宮城県七ヶ浜産 新米 ひとめぼれ



固めたら軽く整形して布的なものを当ててコクソを塗る
型に糊漆を塗る
重ね塗るとこんな感じ


この製法が実に手早く行えるので価格に響かない。おまけに型次第でいろんなものが作れちゃう。URARYOUSHI Custom Shop、作るものがどんどん増えてますわ。

例えばフライボックスとかルアーボックスとか…ね。


たとえ定額給付金+αっつー定価でもSiCガイドやマテリアルの手抜きはしたくない。URARYOUSHI Custom Shop の看板に賭けて!っつー意地で頑張ってますわ。



っつー事で予告からまさかの延期にもめげず、製作を続けてますわ。いろいろありましたからね。


個人的にはこの『古代朱』が、イイ色出してて好きなんっすわ(写真は APYU 2009対策版)


さて APYU 2009対策版 は『山吹』が異常人気で問い合わせが多かったんっすが、東京都・野村様が『山吹』をお買い上げ頂いてからまさかの問い合わせゼロっつー事態に。『古代朱』もイイ色なんっすけどね。






 

コメント

どうもです★

みました(^o^)/お疲れ様です(^o^)/私にはまだ知らない世界です(゜ω゜)

Re: どうもです★

律儀に返信くれて、うれしいです `А' (ザブングルって、こんな感じ、だよね?)

近日中に女性向けにカンザシ的なものも作ってみようとモスでデザインを考え始めましたわ。こっちなら髪の毛つながりで縁があんじゃね?ペン持つまでが長いんだよ。

まだ知らない世界…ハマると深っけえよ。


特に女性にはマイナスイオンたっぷり浴びる有酸素運動でお肌とシェイプアップに効果的なフライフィッシングの世界はお勧めなんっすが…今度その辺の事纏めてみますわ。


by ウラ漁師42

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uraryoushi.blog61.fc2.com/tb.php/318-5da9c536

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。